異種アスリート(スポーツマン)が、シンプルなルールにより真のNO1を競う番組「スポーツマンNO1決定戦」。番組タイトル名もストレートにネーミングされている。 文字通り異種アスリートが同じステージにたち、ポテンシャルを競う内容だが、この方法で頑なにも14年も続け、高視聴率を維持しつづけることは凄い。ゴールデンタイムでは、ありえない暗くて広大なセットと番組中の長い“間”。 各競技種目はどうやって創られ、あの独特な緊張感はどこからくるのか・・・?
今回は、取材の前にリハーサルを拝見させていただいた。




(小杉文彦=文)

この記事のインタビューを見る

最新のインタビュー