子供の頃に、学校での朝礼前に音楽に合わせ、皆と体操をした記憶がある人も多いのではないでしょうか。
「みんなの体操・テレビ体操」は、スタジオで収録される最古の番組で国民にも広く普及されている。その歴史は、50年を超える。
この番組に興味を懐き始めたのは、番組を制作担当する部署がスポーツ局であったことだった。聞けば当たり前にように聞こえるが、私は番組のあり方として趣味・教育・福祉部門の担当だと思っていた。
番組内容はいたってシンプルだが、その背景にはきっと深い意図や制作者の苦労があるのではないかと想像する。


(小杉文彦=文)

この記事のインタビューを見る

最新のインタビュー