この番組の特徴は、報道番組でありながら大胆なグラッフイックを全面に押し出したこと。そして、黄色と黒色というおよそ報道系では使わないような色彩で番組のイメージを作り出し、視聴者に記憶してもらおうと考えたことだ。
また、視聴者がより理解し易いように実物大の模型を使用したりと、イメージ作りだけでおわらず解り易く伝えようとしている工夫も忘れていない。もちろん、番組内容へのこだわりも忘れず、番組中に“独自取材”という言葉を何度も使っているように、現地への取材も徹底的におこなっている。
カラーイメージを全面に出し、報道番組の硬さと情報番組の柔らかさをバランス上手に混ぜ合わせた「バンキシャ!」を、どのような発想で考え出したのかを聞きたいと思った。


(小杉文彦=文)

この記事のインタビューを見る

最新のインタビュー