日本を動かすために一丸となる報道フロア

『ACTION 日本を動かすプロジェクト』とは……日本テレビ開局55年記念番組。2008年、年始より同系列にて不定期に放送され、年末にはフィナーレの大型特番(12月23日放送予定)を特別編成。日本テレビ報道局に所属するスタッフや同局報道番組が1年をかけて、特定のテーマにおける〝ニッポンの難問〟を掘り下げ、真実に迫り、問題解決に向け提言する。番組としては「Newsリアルタイム」「NEWS ZERO」「真相報道バンキシャ!」「報道特捜プロジェクト」「ウェークアップ!ぷらす」が参加する。

新しい報道の形を生み出した『ACTION』。1年かけてひとつのテーマを追う同番組は、来年も継続されることが決定。さらに、各部署でもテーマを持ったり、マルチメディア展開を構想したりと、進化が期待されている。 


─番組コンセプトをうかがうと、「報道特捜プロジェクト」に近いように感じます。

杉本 : そうですね。一定の期間を設けて特定のテーマを追うところは同じだと思いますし、私は同番組の立ち上げに関わっていたので、影響を受けているかもしれません。それを報道局全員でやるという感じでしょうか。ただ、「報道特捜プロジェクト」は視聴者の不満や怒りをもとに、責任者を追及したり糾弾するスタイルなのですが、『ACTION』では必ずしもそうはなりません。もちろん問題点は厳しく追及しますが、その後どうやったら変えていけるか、動かすことができるかを一緒に考えていきたいんですね。 


千葉 : 医療問題がそうですが、「こいつが悪い!」と誰かを糾弾すれば解決する問題ではありません。メディアによっては、つい悪者を作りたがる傾向がありますが、もっとポジティブに「一緒に問題解決を考えませんか?」と提案したいんです。 


杉本 : 正直、僕はいままで責任者を糾弾する報道手法を主にやってきたので、“行動型提言報道”とでもいいそうな手法でうまくいくのか、視聴者は納得してくれるのか不安な面もあったんです。それでも視聴者の反響の大きさを見ると、そういう時代になってきたのかなって気がしましたね。
 

─どんな人に番組を見てもらいたいですか?

杉本 : まだ上手くいっているとはいいがたいのですが、あまりニュースを見ていないような若い人たちに関心をもってもらえるようにしたいですね。番組自体、日本の将来のために企画したようなものですから。また、世の中を動かしたいと本気でそう思ってくれる人、実際に行動力を含めてやってくれる人、力のある人にもメッセージが届かないといけない。だからそういう問題意識を持っていても今まではテレビにそこまで期待せず、あまり見てくれなかった人たちが、これをきっかけに進んで見てくれるような番組にできればいいなと思っています。必ずしも年齢とかスタイルというよりは、質のレベルでいうと、そういう人たちにもメッセージが届くようにしたい。 


─人気が高かったテーマは何でしたか?

杉本 : 数字(視聴率)でいえば、食品偽装問題が一番反応がありました。ただ、Web上では医療問題が最も注目されました。また、大学に出講してみると、教育問題に最も関心が高く、メディア関係者の中ではリサイクル問題や未解決問題が評価されており、それぞれ違った反響があるようで、おもしろいところですね。 


─間もなくフィナーレ特番(12月23日放送予定)を迎えますが、(2008年11月の)現時点で、これまでの成果をどのように感じますか?

杉本 : 大きく動いたテーマがあれば、動かなかったテーマもありました。ひとつのテーマから派生した新たな問題点も見え、『ACTION』という枠組みの中で一定の表現はできたと思います。12月18日には、特番、シリーズ企画、サイトでの1年の取り組みの全記録とも言える本「ACTION 日本崩壊 五つの難問を徹底追跡する」(新潮社刊)が出版されます。でも、僕らはこれが完成形とは全然思っていなくて、これからも進化させていきたいと考えています。例えば、今年は複雑化させないために『各番組×ACTION』だけでしたが、『社会部×ACTION』『経済部×ACTION』など、番組部門だけでなく報道局の各部署単位でもテーマを持って動いていきたい。また、ある程度マルチメディア展開に進出したり、視聴者や企業、行政などを巻き込んだイベントや仕組み作りも考えていきたいですね。 


千葉 : 先日、来年の展開について散々議論したのですが、やはりもっと視聴者とつながっていきたいとの声がありました。この1年で、視聴者とつながることの大切さと難しさを知りました。各方面の関係者が集い、みんなで考えるといった新しい形の報道番組もできるんじゃないかと。 


─今後はどんなテーマを扱っていきたいですか?

杉本 : 来年からは経済面で厳しい年になると想定されますよね。それを前提に、「だから日本はダメなんだ」ではなく、みんなでピンチをチャンスに変えていこうというようなテーマにしたいなと思います。問題はまず身近なところにあって、それが構造的・普遍的な問題につながっていることが多いもの。とはいえ、それぞれの問題点がどこまで深いかはわからず、それがテーマ決めの議論を長引かせているのですが。また、NNN系列各局の協力を得て、全国規模で行うことができればいいなと考えています。まだ構想段階なので、どうなるかはわかりませんけど。
来年がどのような体制になるかも、まだ決まっていません。組織的には『ACTION』に関するセクションも何もないんですよ、一切。 


千葉 : 作ってもらえるとありがたいですけどね(笑)。 



(取材=小杉文彦/MEDIACo)
powered by Yahoo!
    JAPAN

 

ご感想をお寄せください

当フォームより、ご意見・ご感想をお寄せください。
いただいたご意見・ご感想は番組制作者へお届けする場合がございます。

ご感想を入力
番組data
番組名 ACTION 日本を動かすプロジェクト ジャンル ニュース・報道
放送局 日本テレビ放送網(日本テレビ系)
放送日時 放送日により放送時間がことなる
番組URL http://www.ntv.co.jp/action/
主なスタッフ チーフプロデューサー・杉本敏也
プロデューサー・千葉知紀(敬称略)
【参加部署】
NEWSリアルタイム、NEWS ZERO,真相報道バンキシャ、報道特捜プロジェクト、ウェークアップ!ぷらす(讀賣テレビ)、政治部、経済部、社会部、外報部、
映像取材部、NNN各局
スタッフ数 約500人
主な出演者 福澤朗、菊川怜、村尾信尚、小林麻央、笛吹雅子、近野宏明、
井田由美、矢島学、辛坊治郎(敬称略)
放送開始日 2008年1月6日から1年間のキャンペーン報道

最新のインタビュー