テレビ体操のコンテは、全て呼間(四拍子)で構成される。

ラジオ体操80年企画/「特別巡回ラジオ体操・みんなの体操会」

『ラジオ体操80年企画/「特別巡回ラジオ体操・みんなの体操会』とは……ラジオ体操80周年を記念し、毎年全国で行われるラジオ体操の巡回イベントのうち全3回を、テレビでも同時放送してしまう特別企画。普段見ることのなかった参加者が見せる自然な笑顔を、テレビを通して楽しめる。

「新しい朝が来た」ではじまるおなじみの曲。そして軽快に身体を動かす周りの友人たち。日本人の健康を支え続けてきたラジオ体操は今年で80周年。そこで、巡回イベントの様子をテレビとラジオの両方で同時生放送するというかつてない企画がスタートした。

  1. 雨がふると、2年かけた企画が中止になります。
  2. 80周年目だからこその特別な企画になるのではないか

参加者の生の表情をテレビで流したい……ありそうでなかった、はじめての企画。しかし、構想2年でのぞむ記念すべき企画も、天気しだい。青空の下でのびのび体操する子供たちの姿を、無事撮れるのか。 


―今回は特別に、ラジオ体操が巡回している現場の様子をテレビとラジオで同時放送されるそうですね。

そうなんです。毎年恒例となっている巡回イベントがありまして、2008年は「特別巡回ラジオ体操・みんなの体操会」が全国11会場、夏休みに出席カードを持って参加する皆さんお馴染みの「夏期巡回ラジオ体操・みんなの体操」が43会場であります。 そして今年は、ラジオ体操80周年という記念すべき年。例年よりもアピールして注目を集めたいと思ったんです。もっといえば、さらに先にある100周年につながっていくための、しっかりとした通過点にしたいと考えていました。もう2年くらい前から、構想を練っていたんです。その想いが、ラジオ体操巡回の現場をテレビで生放送するというアイデアに至りました。 現在、ラジオとテレビの両メディアとも、毎朝6時30分から40分までの同じ時間帯でラジオ体操を行っています。ラジオはNHKラジオ第一の「ラジオあさいちばん」内にて、テレビはNHK教育の「テレビ体操」ですね。それもあって、1つの巡回の現場を2つのメディアで生中継したら面白いのではないかと思っていたんです。 当初は10回・10会場ほどを考えていたのですが、スタッフや制作費などの運用面を考慮し、3回・3会場で行うことになりました。第一回は5月11日、宮城県角田市での「特別巡回ラジオ体操・みんなの体操会」、第二回は7月20日、東京都大田区での「夏期巡回ラジオ体操・みんなの体操会」、第三回は9月7日、東京都小金井市での「特別巡回ラジオ体操・みんなの体操会」の様子となります。 


―こうした試みは、これまでになかったんでしょうか?

意外にも、ラジオ体操80年の歴史のなかで、ありそうでなかったことなんですよ。 テレビとラジオで同一内容を放送するということは、あるんです。毎年、大規模な会場で数万人の参加者を招いて行う「1000万人ラジオ体操・みんなの体操祭中央大会」がそうですね。ただこれは特別な企画であり、全国の一般の方々に慣れ親しんでいただいている巡回とは大きく異なっているものです。もっと素朴で、いつもどおりの光景のひとつを紹介したかったんです。 第一回の角田市での巡回では1300人、第二回の大田区の巡回では1500人を超える方が参加され、よい反響をいただきました。「テレビで巡回の様子をはじめて見て、みんなあんなに生き生きしているのだと知った」「今度は自分達の地域にもきてほしい」ですとか。 


―いつもの「テレビ体操」は、本局(東京)のスタジオで収録されているわけですが、今回のようにロケでの撮影となって変わったことはありましたか?

その点では、「1000万人ラジオ体操・みんなの体操祭中央大会」での経験がいかされていますね。ただ、やはり規模であったり撮影素材などが違いますので、いろいろと配慮しました。放送体制として私がデスク的な役割となり、地域のNHK地方局が中継車やカメラなどの現場を担当するという形をとるので、先ずは関係者に企画コンセプトを周知させていくことが重要でした。その上で「テレビ体操」のノウハウを提供しながら進めていきました。カメラの台数は3台とそれほど多くもなく、それですべての撮影を行うために現場には苦労してもらったと理解しています。 制作者サイドのほか、放送にかかわる多くの方の存在もありますね。開催場所となる市町村などの行政、場所の選定や参加者の募集などを協力していただいている地元の体操連盟などなど。そういう方々とも連絡を密に取り合い、企画が成功するようお互いが努力しています。 しかしなんといっても、この企画の最大のリスクは天候による影響でしょうか。つまり、雨による中止の危険性です。通常の巡回イベントは、雨天時の場合に備えて体育館など室内会場も押さえてはいるのですが、このテレビ・ラジオ同時生放送という特別番組においては、雨天時の屋内開催はテレビでオンエアしないことになっています。やはり晴天のもと、地元の人が集まって元気に体操をしている様子を映し出したいですし、雨天時を考慮してまでの撮影準備には厳しいものがありますので。雨天の判断は当日の午前4時過ぎ。それ如何によっては、2年もかけてきた企画が中止となってしまいますので、緊張するというか、ただ祈るだけの気持ちになりますね。全3回、それぞれ梅雨や台風が怖い時期でもあるのですが……。幸い第一回は放送30分前まで小雨だったものが止み、青空の下で放送できました。第二回も問題なく放送できてよかったと思います。
     
powered by Yahoo!
    JAPAN

 

ご感想をお寄せください

当フォームより、ご意見・ご感想をお寄せください。
いただいたご意見・ご感想は番組制作者へお届けする場合がございます。

ご感想を入力
番組data
番組名 特別巡回ラジオ体操・みんなの体操会 ジャンル スポーツ
放送局 日本放送協会
放送日時 教育テレビ
5月11日 6時30分から6時40分(特別巡回ラジオ体操・みんなの体操会 角田市大会)
7月20日 6時30分から6時40分(夏期巡回ラジオ体操・みんなの体操 大田区大会)
9月7日 6時30分から6時40分(特別巡回ラジオ体操・みんなの体操会 小金井大会)
番組URL http://www3.nhk.or.jp/event/sport/taisou.html
主なスタッフ チーフプロデューサー・平野正、プロデューサー 岩崎吉高(敬称略) スタッフ数 約10名
主な出演者 指導:長野信一、多胡肇、西川佳克、岡本美佳
伴奏:幅しげみ、名川太郎、加藤由美子
アシスタント:大橋美加、大江紗由、有賀暁子、金子梨沙、横川道乃、
家根本織永(敬称略)
放送開始日  

最新のインタビュー