時代が求めた解かりやすいニュースのあり方。その原点は全てこの番組から始まった。

週刊こどもニュース

『週刊こどもニュース』とは

発想は驚くほど単純だ。「子ども向けのニュースがないから、つくろう」。でもその実現の困難なこと。だいたい子どもが「何を知っていて何を知らないのか」がわからない。どこまで解説を簡略化するのか、どこまで丁寧に説明するのか、想像もつかない。大人のニュースの常識が全然通用しない。ただそれを知るための方法は、これまた驚くほど単純だった。 


——番組が始まったいきさつを教えてください。

ニュースが、国内のものだけでなく多様化していく時代だったんですね。そんななか「子どもがニュースを理解しようとしても難しいだろう」「一般のニュースではきっとわからないに違いない」という話から、実際にニュース番組の出演者に子どもを入れてみようという案が出たんです。最初に番組を作ったのは『天才てれびくん』などを担当していた制作局のチーフ・プロデューサーでした。それに報道局のスタッフが加わってチームを作って。報道に関しては、草野球のチームにプロが入ってくるみたいな感じだったんです。もちろん報道局のスタッフは大人向けニュースを作るのは得意です。それをみんなで「こうすれば子どもにわかりやすいんじゃないか」って話し合って工夫してニュース原稿を書くんですけど、子どもたちに聞かせてもまったく伝わらなかったそうです。
「厚生省……なにそれ?」「内閣?」「政府?」って(笑)。それでイチから「子ども向けに作るとは」という姿勢を見つめ直して、練り上げて徐々に今の形ができてきたんです。 


——大人の視聴者も多いと聞きますが、実際はいかがですか?

実際はわりと大人の方にも見ていただいてるようですね。そもそも視聴者の年齢層が全体的に上がっている、という理由もあると思うんですが。 


——そこで、今まさに民放各社が“わかりやすいニュースショー”というテーマで番組を作ってヒットさせてます。“元祖”としては、こういった最近の傾向をどう思われますか?


今、そうしたニ模型ュースショー番組が数字を取っていることは知っています。大人も子どもも、いろんな人がニュースに関心を持っていて理解したいんだなということがよくわかりますよね。そういう需要がある以上、わかりやすいニュースを作るうえでのいいノウハウはみんな使っていくでしょう。こどもニュースでよくやる、お芝居仕立ての解説を民放で見たこともあります。それはやっぱり伝わりやすいやり方だからですね。でも、画面の作り込み方やお芝居の画作りに関して、「週刊こどもニュース」には歴史があります。CGやビジュアルなどのノウハウもある。加えて“視聴者を放っておかない演出”を的確に使って、他番組との差別化を図っていきたいと思っています。 
  

——とくに相手が子どもですから、そこは意識せざるを得ないところでしょうね。

ハイ(笑)。たとえば国会議員や選挙の説明をするビジュアルがあるとします。立候補している人が男性ばかりだとおかしいですよね。“社長さん”を表現する場合も同じです。だから一定数女性も混ぜて表現する。大人相手だったら、普通に男性だけを描いていてもさほど問題はないんでしょうけど。子どもの場合「国会議員や社長さんは、必ず男性なのか」と思う可能性もあります。スタッフもみんな、そういう細かいところまで気を配れるようにしています。 


——番組開始当初から、そういった考えなんでしょうか?

今とまったく同じかというと、もう少し子ども向けだったかもしれません。結局今の子どもたちも“子ども向けに選ばれたニュース”ではなく、“いま起きているニュース”を知りたいんですよね。 


——子ども用の“わかるニュース”をセレクトしてほしいのではなく、わからないニュースをわかるように解説してほしいと。

はい。“ニセモノ”“ホンモノ”っていうと語弊があるかもしれませんが、どんどん新しく流れてくる、普通のホンモノのニュースが、果たしてどういうことなのか知りたい。その声に応えられるように。 


——といっても子どもにおもねるわけではなく、正々堂々わかりやすくはしているが、ストレートに曲げないで伝えていこうという。

そうですね、多少の言い換えとかはしますが。たとえば過去の例でいうと、アメリカのCIAを「スパイの役所」という表現で説明しました。「CIAって難しいからやめよう」というのではなく、ならばどうすれば伝わるかを考えるわけです。ベーシックなところは大人のニュースを譲らないようにがんばってやってきました。ノウハウはだんだん蓄積されてきています。 


——ノウハウ……実際に「ここまでは踏み込む。でもこれは簡略化する」みたいなバランスの取り方ってどうしてるんですか? 何か参考になるようなものはありますか?


何もありません。参考にしているのは、ただ目の前にいる子どもたちだけです。 


——出演者のこどもたち?


そうですね。



powered by Yahoo!
    JAPAN

 

ご感想をお寄せください

当フォームより、ご意見・ご感想をお寄せください。
いただいたご意見・ご感想は番組制作者へお届けする場合がございます。

ご感想を入力
番組data
番組名 週刊こどもニュース ジャンル ニュース・報道
放送局 日本放送協会
放送日時 日曜日 8時05分から8時35分(関西地方は8時30分から9時)
番組URL http://www.nhk.or.jp/kdns/
主なスタッフ チーフ・プロデューサー・米村裕子(敬称略)2010年5月時点 スタッフ数 11人
主な出演者  お父さん・岩本裕、お母さん・光浦靖子、
長男・古田大虎、次男・萩原利久、長女・柳下花恋、
近所のお兄さん・ハイキングウォーキング
放送開始日 1994年4月10日から(2010年4月で16年)

最新のインタビュー